交通事故で被害者になってしまった!治療費などはどうなるの?【武蔵境北口整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故に遭い被害者になってしまった場合、高い確率で病院へと運ばれます。ですが、治療費に関しては最終的に加害者が加入している保険会社の負担になります。

しかし、病院は保険会社からの負担を待たず、運び込まれた被害者に対し直接的に請求する権利も有しています。
また、病院から請求された被害者は支払を拒否する事ができません。そのため、交通事故に遭遇した上に治療費を請求されてしまうという理不尽な事案が起こり得ます。
そのような二重苦に陥らないようにするには、病院へ支払いは加害者が加入している保険会社へ直接請求して頂くように相談を持ちかけてください。
原則的に、被害者は治療に際して生じる全てを請求する事が可能です。ですが、中にはその権利が認められないような例外もあります。それはあまりにも費用が大きい事案や、医学的に考えて処置を必要としていない場合などです。
そして、現場検証などの結果被害者にも過失があると判断された場合は、支払った費用の中から過失相殺として過失割合を出し過失の分が引かれます。
また、交通事故の場合は健康保険が適用外になるという情報もあります。しかし、それは誤った情報です。実際は適用範囲内となりますので、立て替える費用が安価になったり、得られる賠償金が増やせるという利点があります。
ただし、お世話になっている医療機関によっては健康保険を適用する事を拒まれてしまう可能性もあります。もしも拒否された時には、第三者行為による届け出の手続きしていると伝えましょう。

交通事故治療を受けている時に最大の不安要素として挙げられるのが、突如保険会社側から治療費の支払いの打ち切りを告げられる事です。
治療費用が無ければ、負傷への処置を継続する事が難しくなります。ただでさえ怪我と交通事故により精神的にダメージを負っている状態に、追い打ちをかけられてしまいます。
ですが、一切心配する必要はありません。もしも保険会社が一方的に中断を告げてきたとしても、治療の継続に際する判断の権利を持っているのは医師です。ですから、医師が継続すべきと診断した場合には継続できます。

武蔵境北口整骨院では交通事故治療は勿論、治療費の請求などといった事務的な面でも患者さまをサポートいたします。交通事故で自賠責保険適用された場合、基本的に患者さまの窓口負担はございません。しかし、保険会社から必要書類が送られてくるまで預り金(5,000円)を頂戴しております。書類が到着次第速やかに返金させていただきますのでご了承ください。
武蔵境駅付近での交通事故治療をお探しでしたら、ぜひ一度武蔵境北口整骨院にご相談ください。お待ちしております。